体内毒素の悪影響

人間は日々様々な物質を体内に取り込んでいます。その中に健康に 害をもたらすものがあります。本来体の自浄作用で排泄されることができますが、様々な原因で人は体内に、重金属や有害な毒素が溜まりやすくなっています。毒素が長く腸内に とどまれば、とどまるほど、体へのダメージは大きくなります。

便秘
定期的に排便できる人は、不要なものを排出することができます。排便によって、基礎代謝が高まり、免疫力も高くなります。毒素が長く腸内にとどまれば、とどまるほど、体へのダメージは大きくなります。

肌への影響
毒素が体内に蓄積すると、血流が悪くなるため、角質代謝が悪くなり、吹き出物やくすみ、クマ等が出やすくなります。特に石油系の活性剤や殺菌剤の入っている化粧品を使うことで、肌に重金属などの有害物質が蓄積し、皮膚トラブルの元になります。

免疫力の低下
毒素が内臓に蓄積すると、免疫力が低下します。リウマチや膠原病といった自己免疫疾患を引き起こします。免疫力の低下により、風邪を引きやすくなったり、疲れやすいといった症状もでます。

体臭
本来毎日肉類やアルコールを多くとる人は、加齢臭が出やすくなります。免疫力の低下、血流の不良なので、重金属や老廃物をすぐに体外に排出することができません。このものが体内に溜まって、体臭の原因になります。

肥満
体内毒素が蓄積すると、腸の消化機能に大きく影響します。食べ込んだものがよく消化できなくて、体外に排出できません。肥満になります。

シアリスは、タダラフィルという有効成分を含んでおり、陰茎の血管拡張作用が働くことによって、血流を増やすことができるようになり、勃起機能を助ける効果があります。