体内毒素を改善法について

体内毒素症状を和らげる
体内毒素捉状があると、正しい判断や治療を選択することができなくなります。また痛みを我慢できずする と、毒素の治療を絞けられなくなったり、夜眠れなくなる、食欲がなくなる、活動が制限される、気持ちが ふさぎ込むなどして、生活への影皆も大きくなってしまいます。痛みやそのほかのつらい捉状がある場合に は、まずその插状を和らげるための治療を受けることが大切です。痛みに限らず、患者さんの体や心のつらさを和らげ、生活やその人らしさを大切にする考え方を緩知ケアといいます。
毒素排出には、もちろん運動は避けて通れません。回復のプロセスには体重を落とす作業も含まれます。夢のように美味しかった食べ物のせいで、あちこちについた贅肉を落とさなければなりません。

簡単な方法として、1日に最低30分は速足で歩くか、「ズンバ*」のようなエネルギーを大量に消費するダンスを週に2回するのがいいでしょう。大事なのは、続けることなので、無理のない方法を選んでください。

緩和ケアと間くと、「がんの進行した患者さんに対するケア」と誤解して「まだ緩和ケアを受ける時期では ない」と思い込んでしまう人もいるかもしれません。緩和ケアは、患者さんがどのような病状であっても、 どのような時期にも受けることができます。痛みやつらい徒状があるならばそれを和らげながら、抗がん剤治療などの治療を受けるのが理想的です。けれども医師があなたの痛みやつらい症状に気付かなかったり、 医師の緩和ケアを始めるタイミングが、遅いあるいは早いと感じることがあるかもしれません。