神農山観光旅行記

p> <今朝父が車で私を連れてお母さんと一緒に行き神農山遊び.

半時間の行程に到着し、私たちは無事神農山駐車場、下車見神農山門の前で彩色旗は、飄々と花簇簇、人々は鳴り物入りの音楽には、喜色が溢れる歌.お父さんが私にサル山が多い中、サル、あなたを見ますか?中、中にはと嬉しそうに踊りました!お母さんたちは早く行って猿を見に行きなさい.」

p>を経て<私たち神農広場、見て道端に着シュロだけ灰色セーターのサルのんびり歩いて、赤いほっぺた小さな鼻、目、長いまつげを深く獗獗口白牙、特にあの赤い尻て、道を歩いて来るをくねらせながら、のように赤い提燈揺れ.私の心の中にもうすぐ着くお父さんのサル山だったのでしょうか?.通りかかった靑竜口にした後、階段、突然聞こえ茂みの中が直鳴って、私達は見え猿達は木の上で跳んで跳んで行って、抜きつ抜かれつ、遊び楽しむように、私たちの学校の休みのときのようにとてもにぎやか.大胆なサル遊覧客帯の食品を奪ってきた、すぐに何匹のサルには来て奪い取って食べたり、座って石の上にキュウリを食べて、ある木に登ってトマトを食べて、あるは走りながら、ハムを食べ、そしての地べたに座って水.大猿は身勝手、奪い取っのものは小サルに食べさせない.可愛いのはサルの女サルを背にして、奪い取って来たものをまず背に背にした小さなサルに食べて.私はお父さんにサルに家に帰るのは、サルに帰りましょうか?アカゲザル、このサルはアカゲザル、国家二級保護動物です.お父さんは.あ、あれからは、いつも私には小さいサルに見てね、うん、いいよ..

私たちは私たちは楽しく1日を過ごして、Uターンの道中私は思っています:お父さんは何時間が私を連れて私を連れて私を連れて私が更にこれらの活発にかわいい小さいサルのどのように見ることを見ます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です