歳月体内毒素を排出随筆

すべての気持ち、

悟りの瞬間に安心しているらしい.

運命は冗談のように

結び目を設けて

が数年後に

軽く巧巧を

どれだけの時間を必要としない

しなくても複雑なストーリー

p>元良薬は<時間

あなたと似ているあの人ではなく、

その意外に現れた

それに似ている

そんな強い執着

もともと出会い

私平気に

そして平然と退いてください.

負けない

殘念なく

あの日のように雨のように絡めない繰り返し

p>ろく未到来<月

私、

やっと筆の必要はない

あなたの存在、

私の忘れて

当時ファッションも勝手にのあなたは、

も遅れ保守の私、

に従って結局歳月

振り返ってみると、

疑惑が忘れがたいのは

あの純真のあなたは、

当時の自分はとても馬鹿ですか?思い出の中に振るの

あなたがまだあなたを見きわめるている自分?

何気ない拝読し、
自分も他の人の目の中の風景が
無りもなく好き
究根问底
彼らはかつてのあなたを
私も非当時の
扫扫袖
振り落とさまみれの栄光の何気ない

あなたはかつての日本語

埋めこみ歌に組み込む

聞いて

その心が波瀾

豪勢

豪勢

豪勢

豪勢

、<

、<

豪勢

,<

、<

、<

、<

、<

、<

、<

、<

、<

、<

、<

、<


,体内毒素を排出、<

、<

、<

、<

、<

、<

,<

、<

、<

、<

、<





誰の靑春

ない無言の恋歌

誰の心の中に

塵の記憶を埋めない

君の声

やっとあいまいな歳月の中で

時間がゆっくりと

ない

繰り返し曲折に

やっと懂得



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です