夏が過ぎ体内毒素を排出て

蔚の空は、日差しの輝く場所だけが現れてくるのか?

この場所でそんな心地よいの夜、淡い月の光真夏の夜空がこんなに靑く、星の端に静かにきらめいて、人の往来を行き来して ;数ヶ所の照明は斜めに芝生の上に,体内毒素を排出、風がふいに動いていた梢……

Pは満天の星、夜空に流れる流星が、星には北斗と南サザンクロスの想像にもなっていたという.静かにして静かにしている様子、1枚の落ち着いた様子がない様子、たとえやみ夜に下にも1の憂うつが感じられないことを感じて、として夜の様子を想像して.

Pの群衆が眼下の静けさを破って、汽笛は遠くでとどろくて、音響はまわりで安逸の気持ちはすぐに騒ぎ立てるの気持ちはこのように目を覚ます、あの喧騒のシーン.

Pは、喧騒で寂しい気持ちがあるということは、生活の安逸にも慣れているという.

だんだんわかってもう仕方ないので無力感を避け、ときに託す側からしだいに変わっ任され方は、かつて持ったことが自分に何か幼稚な事は結局はやはりそれを忘れるように,親に隠れて懐に泣いて泣いて、最後までなぜ泣くの悲しいすべて忘れた時、両親からひっきりなしに泣いた慰めかえってよけい悲しくなって、感じても安心の依存に隠れて、回避から心の傷感どっぷりと愛された世界の中で、持っていて記憶は経で同じよ……

Pはついに成長し,心の痛みを避けたいと思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です