一つの体内毒素を排出花の花

は今私は空の足元に立って、ここに白い雲や崖;今立って、夕日の夕日の下で,体内毒素を排出、ここにある浪花カモメ;今私は海辺の燈台下に立って,ここにオールまた霧莎;今私はあなたの前に立って、ここにあなたのそばにあなたのぬくもり !

私は海風が乱れて私の長い髪を吹いて、このようにあなたは私の目の涙が見えなくて、私は回転して、勇気がなくてあなたに私のもろくて弱いことを見させます!風は冷たく、貫いた私の心臓、潮風に働きかけている波は私の前に毎回獅子の歯噛み、思う存分やって波には、私の身で、最終的には私の足に消え.この海は私を穏やかにさせて、更に大きい風波も消えてなくなる一刻、更に大きな困難も過去のある一日.ここには私の心の切欠が小さくなったと思いました.ゆっくりと癒合かもしれない!

第一次夕方海辺に行って、初めて海から海が私の力を与えてくれました.何が美しく、何が楽しみ、何が幸福で、今私は感じて、これは真実の、やはり幻の、私はしばらくこの幸福を享受することができます.身の回りの人はよく知らなくて、熟知して,彼は私にまた1度の心の出会いをあげました.私もずっと私の矛盾を知って、私の縺れ、私の悲しみの根源.この力は私の心の底の痛みを呼び覚ました.私はとてもさっぱりして、私ができることで、しかし私は忘れましたそれはわざと隠し心の片隅の傷跡.岩の上に立って海風を見て岩をパッティングて岩を打ち寄せるて、私の目の目がだだっぴろいになって、ここは私の瑕の空間を与えました……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です