助けない=親不孝?病気と病気を治す医療自主相談会体内毒素を排出議は解毒剤

命の瞭前の色々な医療措置、果たして命を延長するのか、それとも病気の苦痛か?パイプを抜いていない今、病気で家族が決心をしないか、真相を知らないか、不孝とののしらされるのか.民間団体コミュニケーションして病気を治す5枚葉衛教え、正念場を迎えるの家族は早めに準備をして、さらに病気は自分の決断を、家族を避けないし業の医師に耐えてはいけないのが重い.

病気を治すコミュニケーション落差拖磨患者も拖磨家族「P命末期の医療行為は、単純な医療専門ばかりでなく
,道徳、親心、法律,外在など問題などが絡んでいる.天下の雑誌は台灣の重症調査医師の九割は無効医療は家族離さない;しかし民衆もよく耳に医師と私も確定できない、家族を継続するかどうかが救う一人一人の状況によっては、予測は難しいが、どうやってみませんか?かに阿公機会を、もうことを見ること.2013年度の健保険によると、100人が死ぬ前入院者、32人が死ぬ前に入院した呼吸器で、平均20日間、それぞれ1人の健康保険料が29万元に達した.呼吸器だけでなく、腎臓,体内毒素を排出、强心针、危篤救急などは、一時的に助けてきて、体が回復しない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です