10種類の体内毒素を排出誘発頭痛死の植物

アメリカの《生活科学》21日に報道して、ある成長してあなたの庭で甚だしきに至っては居室の中の外表の草花植物、それらは頭痛が誘発して、痙直甚だしきに至っては人が死亡することができます.2007年『毒植物手帳』の紹介、6歳以下の児童は更にこの傷害を受けやすいため、中毒にかかる医者の割合で85
%に着きました.第1位,柴藤.木の別名隠元豆.造型はかなりロマン正道グラム:や靑やピンクや白のような小さな甘納豆の大きさの花の豊かに広がって垂れて、それの全身には毒性があるけれども、その花は持ってないという報告毒が、気をつけたほう.多すぎるからの報道によると、一度食べて引き起こし吐き気、嘔吐、腹部疝痛、下痢、対応する治療を採用して、例えば静脈点滴と服用抗吐き気薬など.第二位、毛ジオウ.別名ジギタリス、その叶可に商用は、心臓病の治療薬ジギタリスの原材料.それを食べたのいずれかの部分が相次いでいる吐き気、嘔吐、下痢や腹部疝痛、口腔痛みなどの症状が現れ、甚だしきに至ってはときめき異常.医者は胃を洗浄するなどの方法でデトックスを促進し、薬を服用して安定を通じて心臓.第三位、あじさい.みんなの想像の中でそれはマシュマロと大圏パンのように犬が西向きや尾は東は食用にできるが、食べたらアジサイ、数時間後には腹痛の現象、またの典型的な中毒症状も含めて皮膚の痛み、嘔吐、弱いと汗が出て、そして患者が報告も昏睡、けいれん体内の血液循環の崩壊.第四位、穀百合.その先端には毒性があるとされているが、その先端には毒性がある.軽微な接触穀百合傷つかないかもしれないが、もしあなたが食べると、吐き気、嘔吐、口腔痛、腹痛、下痢や痙攣,動悸が遅くなったり規則;医師会などを通じて毒素排出を促す胃洗浄方法を通じて、薬の服用を鼓動平らぐ.第5位、華燭.別名火鹤花、フラミンゴ芋、その葉や枝の莖の外形は珍しくて、蕊の週りには仏炎苞、それら全てが.一度食べて口の中が、感覚がまた焼きも痛いし、その後が腫れ泡立ち、声がかすれてるし、そして困難.多くの症状が時間に従って消えていって消えて消えて、苦痛を軽減したく、清涼液体、鎮痛の丸薬あるいは甘草類と亜麻の食品の食品を選択することができます.第6位、菊花.园工たち栽培菊はさせないために来たのでウサギごたごたを起こして、この花を頭部はある毒性、人間に対してもそう.菊に触れると痛みと腫脹感があります.第七位、夾竹桃.1つの部位はすべて毒、どのようにただ気をつけて夾竹桃の夾竹桃の発生の1つの煙霧を吸って、不快になることができます.また、その枝でバーベキュー、飲用に夾竹桃花の水、中毒症状が出ます.典型的な症状は心拍数が変わる、ときに鼓動が延納、ときにおびえる、ときに高カリウム現象が現れます.第八位、小葉ゴム樹.とも呼ばれるベンジャミン木、その葉や莖は木で有毒なミルク状の樹液.そのうち毒の最も悪い結果は皮膚の痛みが腫れる.第九位,体内毒素を排出、ツツジの花.カッコウ花とツツジは花の花.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です