バイアグラの由来、効果と副作用について

バイアグラは1998年1月にアメリカのファイザー社から発売され、全世界で始めて認可されたED治療薬です。主な成分はシルデナフィルです。もともとシルデナフィルは狭心症の治療薬の開発に使用された成分です。偶然に臨床試験で勃起不全を改善する効果があることが発見され、それで人類初のED治療薬が誕生しました。「バイアグラ」は二つの単語、VITALとNIAGARAを合わせて出来た名前で、男性の精力がナイアガラの滝のように溢れ出るという期待がこのバイアグラに込められています。

バイアグラの効果は、勃起できない治療法だと思われがちですが、実はバイアグラには強制的に勃起させるような作用はありません。勃起は陰茎に性的刺激を受けて、性器の海綿体に血液が集まるによって硬くなる現象です。常に勃起した状態では不都合なので、人間の体内には勃起を抑制する妨げる酵素があります。バイアグラの効果はあくまでこの酵素の発生を抑え、海綿体への血流を増加させる働きを持つ「環状グアノシン一リン酸」の分解を防ぐことによって、勃起した状態を長く保てるED治療薬です。

バイアグラの副作用は服用者の約9割が目の充血や顔のほてりを体験したことがあります。ほかにも、めまいや動悸、消化不良、胃痛、視覚異常、鼻水・鼻づまりなど副作用があります、最悪の場合バイアグラを服用すると、血圧が急激に下がることで冠動脈の血流が不足します。結果として心筋が酸素不足となり、狭心症の症状が現れることがあります。バイアグラの服用には注意が必要です。もし心臓に痛みなどの副作用を感じた場合すぐ病院やクリニックの医師に相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です