歳後の体内毒素を排出護心規程

予防はどう予防?実は解答はとても簡単で、飲食、運動、制御の危険因子、無二法.

そしてアメリカ心臓学会の丁寧、再点検疼惜生活、あなたの心:

何歳にも■

いち.健康飲食:多く野菜を食べる果実、全穀類、豆類、ナッツ、低脂肪乳製品、肉を食べたくて选んで赤身や魚肉も周可有何食食べて全素;少なく含飽和脂肪,高コレステロールの食品、例えば豚レバー、豆、脂身の多い肉など,足を付けるすぎてナトリウム、砂糖、甘味剤、トランス脂肪酸の精緻なお菓子、ビスケットなども少なく.もちろん、砂糖飲料を制限することは制限されて.

運動:毎週150分のミディアム運動をして、例えば、早足
;あるいは75分の激しい酸素運動、例えばジョギング.一周可有2日以上に対して下肢、腰の腹など違う筋肉群重量訓練.

20歳■■■

20歳

いち.定期健康診断:1位探す心臓内科医、コレステロール、血圧、心拍測定、BMI値、腹囲など標準にするかどうか、甚だしきに至っては心臓映像学に検査し、自分の食事や運動習慣を改善する必要があるかないか.

若いうちに運動習慣を育てて.

さん.戒菸を減らす暴露:すでに多すぎる中古たばこも吸うたばこ証拠によると、あるいは中古タバコを増加する可能性心臓病罹患と肺がんのリスク.

30歳■■30歳

たくさんの屋外活動に従事し、ソファーに座って、子供が料理の仲間入り、運動に参加することを招待します.

に.自分の家族史:知って家の中があるかどうかは55歳男性、女性には65歳が早発心臓血管の疾病、心拍は全体でなく、心筋病変や突然死などがある場合は、家族の史、医者に告知しなければならないから、二、三十歳から心臓検査.

ストレス制御:ストレスと血圧が増えると、血管の内壁を傷つけても.ストレスを緩和し、深呼吸、毎日自分のために時間をリラックスして、自分の好きなこと.

■40歳■■40歳

1 .体重:40歳に入り,体内毒素を排出、新陳代謝は徐々に低下し、食生活と運動制御体重、おっくう、動機、おっくう、一緒に運動を探しています.

に.量:は血圧血糖検査、45歳からもそれぞれ三年検査血糖なら体重は比較的に重くてや糖尿病、糖尿病の潜在的リスクの民衆、早めにチェックして、甚だしきに至っては検査頻度を高めなければならない.